Echo dotの特売は今日までですが、今日から新しいEcho dotの新種が予約開始です。
 Spotと通常版の違いで最大のところは...液晶を搭載していること。
 今までは音声指示すると音声で返してくれていましたが、今後は液晶表示も同時に行われるからさらに便利!ということらしいです。
(小さいながらカメラがついてるのもdotと違うところ)
 時刻を表示するようにすれば机の上とかに置いておくとさらに便利。便利便利便利と便利になるところをぐいぐい押して上位版が登場した感じです。
 今回2つ買うと2台目が半額になるキャンペーンをしていますが、これは遠方の家族に買ってあげていつでも自由にTV電話をして欲しいということみたいですね。
 電話番号もいらずただ登録した相手にかけるだけなら音声の方が便利な訳で。
 それこそ「アレクサ!おばあちゃんにつないで」ぐらいの感覚でTV電話が出来るとなるとこれは面白い。
 あと地味にヘッドホン端子搭載なのでスピーカーとかヘッドホンつないで運用することも出来ます。
 (これは現行のdotも同じ)
 ただTV電話というかビデオ通話は今後のバージョンアップで対応ということで今のところは利用出来ません。そこが無念かなー。
 相手と画像のやりとりが出来たりなどジェスチャーなりアプリなりでいろいろと出来そうですが...
 新しもの好きならさくっと行ってもいいかもしれません。開発環境が解放されてくれればなんか作ってみたくはありますね(^^)

※北米でのテストではこれらの機能を全てfire端末で実現していたのでテストは進んでいるものと思います。
 というかEchoで出来ることは全部fireタブレットに搭載したりしてるみたいですのでAmazonの野望留まるところを知らずというか...
 これらの情報はAmazonの悪魔が独自に確認しているものでなんら実証する証拠があるものではないことを明言しておきます。
 あくまで参考情報ということで。

 とりあえず言えることはちくしょー安くなってから買えばよかったかーーーー!ですが、この価格なら人に「ちょっと試してみない?」と言いやすい。
 うちでの活用は「時間を聞く」「明日の天気を聞く」「タイマーをセットする(お風呂をわかすのに20分のタイマーセットとか)」、後は音楽を聞いてることが多いです。
 そんな運用でも十二分に使えるし楽しい。特に夜中に起きた時にスマホとか開かなくても「アレクサ今なんじ?」と聞くだけで「午前2時40分です」とか教えてくれるので地味にありがたい。
 下手にスマホとか時計とか見ちゃうと目が覚めてしまったりするので...
 ともかく気になっていた人はこのチャンスに是非。予算があるならノーマルEchoでもいいかもだけどこの価格だとEcho dotのコスパが光り過ぎます。

新型WD BLACKの実力は...1Tモデルを導入して実力を試す

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 ツイッターでは報告してましたが、実は発売日にこんなものを導入していました。

 WDが放つ黒キャビの伝統というか生まれ変わった不死身の体というか。
 WDの新型SSD BLACKの1Tをずばーんと。
 清水の舞台からキリモミ落下しながら地面すれすれで引き起こし失敗して激突するぐらいの勢いで。
 で実際どうなのよ?というのとかは以下の記事にまとめるとして時間がない人のためにざっとまとめるとベンチマークはこんな感じ。
Dd3mWemVQAUJ5dw.jpg orig.jpgDd3lj3HVAAApyO6.jpg orig.jpg

 で、簡単にまとめると
・その速度圧倒的。特に書き込みの早さは刺さる人には刺さる。4Kの早さもかなりうれしい。
・逆に言うと読み込みだけなら旧世代でも十分なので特価を狙うならチャンスは旧世代WD BLACKや960EVOか
・前よりは熱くなくなったとはいうがそれでもヒートシンクの効果は絶大!
・買うなら1T。速度差ありすぎ。
・他社からの新型も含めてまだ高価なので費用対効果は個人差が大きい

 といったところ。個人的にはたたき込んだ予算分の体感速度と恩恵があったためよい導入となりました。
 下手にCPUとか速度あげるよりSSDの速度をあげたりメモリを増やしたりする方が体感での速度はあがるなぁ...と。

 それでは以下購入、設置、ヒートシンクの増設など一連の流れと個人的な感想などいろいろと下記に。


 9日までのセールとしてfireTVstickが20%1000円引きで3980になっています。
 現行4Kの人気が高いところですがそこまで性能いらないな...安い方がいいな...という人はこっちを買うのもあり。
 私も愛用していますが特に今のところ不満はありません。(たしょうもっさりしてるのはAmazon製品はまぁどれも一緒かなーと)
 

※2018/5/4更新
 相変わらず人気の高い記事で、要望も多いので最新情報に更新しました。
 
 モニタが安価になって久しいんですが、どうしても安価なモニタには「いろいろ足りない」気がします。
 1万ちょっと出せば21.5インチでHDMIやらなんやらついたモニタが手に入る時代。でもカラーマッチング対応機種なんてものに手を出すと軽く10万はかかる。
 でも足りないのはそうしたこだわりではなくて...たとえば私なら「DP端子」と「1920x1200の解像度」だったりします。DP端子は我慢するにしても、なにより解像度が物足りない。
 WUXGAという名前で呼ばれていますが、検索では「1920 1200」とかでみんな検索してるみたいですね。
 だいぶ前に初期の24インチ安価モニタが格安になり...当時は1920x1200の製品が5万を切ったということで発売日に飛びつきました。その製品も最近まで愛用していました。
 が。

 Echo dotは私も愛用していますが正直Echoを買えばよかったかなーとちょっぴり後悔しています。スピーカーの品質がまるで違いますので...
 まぁこだわるならBluetoothスピーカーを使えばいいんでしょうが、そこそこの品質でいいならやはりEchoが手軽でいい感じ。
 で、一番いいEchoってなんだろうっていうとこのEchoPlus。
 通常のEchoとの違いは「スマートホーム・ハブ内蔵」につきます。何それ?と言うと対応家電のコントロールが出来たりする機能...と漠然と考えていただければ。
 電灯とかを対応のものに変更すると会社から帰宅後に「アレクサ!ただいま!」とかまぁ対応ワードを言うだけで自宅の電気がついてエアコンが稼働し...ということが可能になります。
 実際のところは対応家電を揃えるのもなかなかのコストなんですけどね...
 あとEchoPlusはスマートホームのハブ機能としてはフル機能ではないのがちょっと残念。
 ではなんでこっちを勧めているかというと...地味にノーマルエコーよりスピーカーの音がいいんですよね...ほんとちょっとの差なんですが...
 それが今回の割引でほぼノーマルのEchoと同じ金額(1000円程度の差)になったので、今日買うなら一番いいこっち!ということで。
 Echo dotからの買い替え需要もあるんじゃないかなーと(笑)

 6/2の23:59:59まで行われるタイムセールでkindleが再びの特価に。33%引きの3980円となるとこれはもうなんというかネタで買ってもいい価格でしょう。
 実際のところは...新型投入前の在庫一掃も兼ねているかもしれませんが、それでもこの価格なら特に気にせず買っていいかと。
 もってない人や古い機種の人はこのチャンスに保証込みで突撃すると幸せになるかもしれません。

※fireの新型についてはまだ確証情報がないため今は気にしないのが一番かもしれません

たなかさーーーーーーん

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 先日なにげにつぶやいたtweetがbuzzってしまい自分でもびっくりしました。
 今住んでるマンションの近くは補修ラッシュで騒音がひどく...窓を空けてるとなかなかすごい音が聞こえてきます。
 そんな中ちょっと空気の入れ換えを...と窓を開けたところで聞こえた言葉をtweetしたらあれよあれよと拡散してしまったという。
 それが以下一連のtweetとなっております。

 まぁこんな感じの流れです。
 たくさんのリプをいただきまして返せる限りはリプに反応させていただきました。
 なんてことのない日常のヒトコマですが、さすがに情報量の少ないTwitterですからいろいろとみんな想像していただいたみたいです。
 田中さんがたくさんいるのでは!とか。実際反応してたの一人だけですからたぶん一人だと思います(^^;
 半月ぐらい前から名前が聞こえていたので厳しい現場で半月もっているだけでもかなり頑張ってるんだなあとは思います。
 またどんだけ大声だよ!って意見も。これは最初に書いた通りすごい騒音状態ですからみんな叫ぶように話さないとまず意思の疎通など無理。
 ましてマンションの壁などに反響するのでそれ全部ダダ漏れになる訳です。
 ただ朝礼時は工事の音がない上に声のボリュームが工事中とそう変わらないのかこれもまたダダ漏れです。
 ほっこりしてくださった方が多かったみたいで私も聞いた時は「がんばってくれ田中さん...」とか思ってましたが...
 さすがにこの騒音だと早く工事おわらないかなーーーーと。近隣3カ所以上のマンションの外壁工事と駐車場の工事と新築(これはマンションかわからない)工事現場が重なるとかなりすごいことになります。
 悪いことに私は今病気療養を理由に在宅で仕事したり作業したりの人ですのでこれをダイレクトに食らいます(^^;
 まぁでも23日以降は窓を開けててもあんまり気にならなくなったかもしれません。騒音はありますが声には以前ほど不快な感じはないなぁと。
 そもそも工事現場では声かけは非常に重要ですし事故が下手に起こるよりも近隣から苦情を受けるぐらいの方がいいのかもしれないなぁとも思います。
 つぶやいた田中さんは...愛されてるのかわりとみんなに声かけられています。半月ぐらい前から聞く名前ですし。
 空前の人手不足。中途採用のおっさん(声はおっさんっぽいですが見たことないので若手だったら田中さんすいません)といえど大切にしないとすぐに辞めてしまうでしょう。
 でも続いてるみたいですし他の作業員の方もめっちゃ気を使ってるのが聞こえて来ます。確かに愛されているのかも(笑)
 まして安全帯がーとか声が聞こえる時点で高所作業。
 この季節は暑いからとか慣れてるからとかでベテランですら安全面をおろそかにしがちです。
 そんな中で棒芯の人が毎日毎日安全面についてきちんと管理して声かけをしている。それだけでも素晴らしい現場だと私も思います。
 確かにうるさいんですが、上記の会話を聞いてからはなんかいいな...と気にしないことにしました。
 他の現場では怒鳴り声やなじる声もちらほら混じります。
「こんなことも出来ないのか!」
「言われないとわからないのか!」
 そんな中でこの田中さんの現場だけはほぼ怒鳴り声がありません。笑い声が混じる明るい現場です。
 それは朝礼からでもわかります。
 半月ちょっと前ぐらい(4月下旬~5月上旬)からこの現場に入ってきた人達でおそらくは下請けの工務店とお見受けしています。
 ここの人達の空気を作っているのは棒芯の方。今時の言い方では職長さんでしょうか。
 ともかく個々に気を配ってタイミングごとに声をかける。
 朝の伝達はしっかりと「個々に」「すべきことを」説明している。
 ちょうど洗濯物を干す時間が朝礼の時間ですので朝礼だけはかなり初期から聞こえていました。
 前職がPMO、その前がプロジェクトマネージャーだったものですからすごく感心してその方の声を聞いていました。

 流れがだいたい決まっていて
 ・挨拶(おはようございます)
 ・昨日の注意事項&伝達事項
  (見ててあぶなかったところや気をつけないと危ないかなと思ったところ。ここでは個人名は出さない)
 ・今日の作業内容
  (ここでは全体の説明の後個人個人のパートについて全体に周知)
 ・作業の優先順位の確認
  (誰の作業が優先か。どの作業の後にすべき作業かなど)
 ・昨日頑張った人について褒める
 ・本日の天気について
  (雨が不安だが日程上まだ余裕がある。焦らずしっかり行こうとか)
 ・装備点検
  (この後は安全確認をペアでやること。あぶれたら俺のところで3人でやるぞー!)
 ・改めて挨拶(本日もよろしくお願いします)

 本日改めて確認出来たのでだいたいこの流れだと思います。
 はっきり言ってそこらのITの現場の下流PMやPMLは彼の爪の垢を煎じて1トンぐらい飲んだ方がいいのではないか。
 そのぐらい尊敬出来る態度だと思うし尊敬出来るやり方です。
 まずけなす事が無い。ほめるところはしっかりほめています。
 注意する時は個人を注意せず全体に注意する。ほめる時は個人とチーム、あるいは全体。
 個人個人の作業を把握しスケジュールと工程を完全に掌握してそれぞれに毎日の作業を割り振ってスタートする。
 (この方々は夕方にも一度集まるんですが、そこで進捗の確認を必ずしています)
 作業にマイルストーンをきちんと置いていて、何日までにどれだけの作業があるのか作業員にきちんと伝えています。
 その上で天候による作業の遅延などは「責任者」であるこの方が判断して責任を持って「指示」する。
 つまり責任の場所を明確にしている。
 ちなみに聞いたパターンでは
 「勝手なことしなくていいぞー。手柄はお前ら責任は俺に押しつけてとっとと終わらせて帰る。今日もこれなー!」
 というのがありました。意図してやってるのが明確だと思います。
 その上で作業員の体調やペースも見ているみたいで、
 「おーい!XXX!今日はそんな焦んなくていいから!明日誰か手伝わせっから!今日は暑いし少しゆっくりやろう!」
 とか声をかけています。
 tweetした通り非常に細やかでマメです。
 「いいかーさぼるだけなら注意で済むかもだけど注意さぼって事故ったら一生だめになるぞー。もっと簡単にいうと明日から仕事なくなるぞー。暑くなるから余計気を緩めるなー」
 なんてのもありました。
 欠点を上げるとしたら朝礼からボリューム全開なので(工事中とそう変わらない)かなり響く(笑)
 ラジオ体操もこの棒芯の方が声がけだと非常に響きます。
 だから気になってはいたんですが、田中さんの一件でますます「ああいいなぁ」と思ったという。
 一連のtweetはそういう背景の元で「だ、大丈夫か田中さん...」と思いながらオロオロ聞いていたものです。

 最初はリーダーの資質について気になっていた現場で、たまたま窓を開けた時に聞こえてきた一連の会話。
 先日の昼休憩で聞こえてきた仲間達の会話(そこでも世話をやかれていたのは田中さんでした)。
 なんとなく日記代わりにつぶやいたものがbuzzってしまいびっくりしました。
 私だけでなく読んだ人もほっこりした方が多かったようです。

 なかなかアットホームな現場ですがあるところにはあるものです。
 私も若い頃その手の仕事をしていましたが(だから職長と書かずつい棒芯と書いてしまう)暖かな現場は確かにありました。
 最近は減っていますがまだまだ小さな現場だと仕切ってるのが社長だったり兄貴分(いい意味での兄貴分)だったりしますのでそういう現場はわりと暖かいです。
 怒鳴って言うことを聞かせたところで作業は実際には進みません。
 私がいたITの現場でもそうでした。怒鳴ろうが誰かを呼び出そうが何も進みません。偉い人の溜飲が少し下がるだけで何の解決にもなりません。
 ものを知らないクライアントと成績に終われる営業がひずみをさらに大きくして何人もの人の心と体をむしばんでいきました。
 私もついに昨年ぶったおれましたし...なかなかうまく行かないものです。
 
 そんな中で一服の清涼剤のように。
 切り取られた日常のヒトコマ。
 もしかしたら私達が思っているよりも暖かい現場ではないかもしれないし...実際はもっともっと厳しい場所だとは思うのですが。
 それでも。
 なんかいいな...と思った日々。
 こうした日々を大切にしていれば...多少の騒音は我慢出来るかな...と思います。
 古いマンションの補修が本格化してるのでさらに工事現場増えるでしょうが。
 うるさいなどと言わずなるべく窓を開けて空気を入れ換えながら。
 今後もぼんやりと外の声や音に耳を傾けてみようかな。
 そう思っています。


 「そもそもitunesがCドライブ固定だからSSDの容量を圧迫すんだよ!」
 というのはまぁ仕方ないとして対応しようというのが今回の記事です。

 PCのSSD入れ替えに伴ってwindowsをインストールしなおしたのですが、itunesの設定の仕方を忘れていたりなんだりでもう。
 いろいろとわたわたしてしまいました(^^;
 忘れないように備忘録として再設定の仕方などを。

1・音楽などのデータを別ドライブに
 仮にDドライブに「d:\itunes」なんてフォルダを作ったとします。
 そうしたらitunesが起動していたら閉じて、Cドライブのitunesのデータをまるごと新しいフォルダに移動します。
 場所は「C:\Users\ユーザー名\Music\iTunes」にあるので、ユーザー名がamazondevilだったら「C:\Users\amazondevil\Music\iTunes」になります。
 コピーではなくまるっと移動しちゃう。
 そうしたら次にitunesを「SHIFTキーを押しながら起動する」だけ。そうすると別ライブラリから起動するぜ!とメッセージが出るので新しいフォルダにある「iTunes Library.itl」を選択してOKする。
 これだけで面倒な設定も全て終了。itunesの詳細環境設定から詳細を見るとitunesMediaフォルダの場所も新しいところになっています。
 OSをインストールしなおしてもこの作業をするだけで、いつものitunesに。

2・iPhoneのバックアップ先を変更する
 やはり仮にDドライブに「d:\iBcakup」なんてフォルダを作ったりします。
 あちこちのサイトでシンボリックリンクの使い方を説明していますが、Windows10はMSの陰謀によりコマンドプロンプトではなくパワーシェルを使うように改良されてしまいました。
 なのでそのままコピペして使おうとすると「なんだようまく動かないよ!」ってことになったりします。実際これはうちのブログとか私のTwitterにも教えて助けてが来ましたのではまってる人ははまってるかと。
 大丈夫。パワーシェルからでもいけます。
 1と同じユーザー名だとして...
 まず"C:\Users\amazondevil\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup"のBackupフォルダを消すか移動するかします。
 今までのバックアップデータを消すなんてトンデモない!って人はd:\Backupに中身を移動してフォルダはリネームかなんかしとくといいかと。Backup2とか。
 で、シンボリックリンクですが...
 「cmd /c "mklink" /d "C:\Users\amazondevil\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup" "D:\iBackup"」
 とこのように書けばよいということで。
 胆は「cmd /c」を先頭につけてmklinkコマンドをくくってしまうところに。まぁパワーシェルからコマンドライン呼んでるだけですが、コピペしてちょちょいとやりたい人にはこっちのが楽でしょう。
 そもそもパワーシェルには足りないコマンドが多すぎる...というかコマンドラインで何でも出来過ぎた弊害を排除しようとしてるのかもしれませんが...
 少なくともシンボリックリンクに関してはまともな実装になっていないので、怪しい念でも送りながら気長に対応を待つのがよいかと。

 一度上記の方法で変更しておけば、windowsインストールしなおしだぜ!ってなりがちな自作erの人でも2つの手順でいつものライブラリと今までとったバックアップもすぐ使えるようになります。
 Windowsならそれでいけるかなーと。
※2のシンボリックリンクでパスが見付からないとかいろいろ出る人は消すフォルダをMobileSync以下にしちゃってることが多いので、Backupだけ消すなりリネームするなりするとうまくいくことが多いです。

 一応自分用備忘録ってことで。

 母の日セールでfireHD10が再び特価になっています。
 以前書いたレビューは下のツイートからどうぞ。

 まずスピードはそんなに早くないですし性能だってすごくはないです。ただしこのコスパを超えるタブレットは現在地上に存在しない...そういう存在だと思います。
 10インチという大画面。ステレオサウンド。大容量メモリ。この3点を維持しながら13000円を切ってくる。そんなタブレットは中古でもなかなか見ません。
 見ても古い古いAndroidの端末ぐらいです。
 3倍の予算を出せばiPadが買えますがコスパでは圧倒的にkindleHD10でしょう。逆に快適さと性能は...比べるまでもなくiPadだと思います。
 でも言うほど使いにくくないですけどねkindleHD10。多少は遅いですがAmazonのサービスを利用する分には特に問題ないですし。
 Androidとして使おうとごにょごにょし始めると「あー遅いー」とかなりますが、それは正規の運用ではありません。
 個人的には一度手に入れてみて欲しい...けどでかいし重いのはごめんなさい...タブレットです。