WiFiばかりが話題になりますがやはり有線の安定度と速度は捨てがたいものがあります。
 特にデスクトップばかり運用する私としては外せないもの。
 5ポートで金属筐体ということでなかなかよろしい感じのHUBが20%クーポンをONにすることで1640円の特価に。
 もともと23%引きなんですが、値段の下にある20%引きクーポンを適用すると1640円に。
 本体はなかなか小さいですしルーターから先の分岐に使うなど取り回しのいい製品を探してる人にはおすすめではないでしょうか。

 いまのところ12巻発売されているオーバーロードですがアニメ終了記念か10巻まで全て70%引きになっています。
 11巻と12巻は10%引きですがそれでも十分においしい。
 全巻買っても5184円。10巻までとりあえず買っても3240円というお得さ。紙の本を持ち歩くのは辛いので新たにKindle版買っちゃおうかと(^^)
 昨年の12月からkindle版が出始めましたがいきなりの特価にびっくりです。
 欲しかった人は今がチャンス!

 予約制となっていたEchoがついに一般販売されることに。dotの方は25%1500円引きのお買い得な感じに。
 Echoは2台買えば3000円引きですが...部屋数が多い人でないとちょっと2台は厳しいか。
 実はdotを予約して購入してたんですが今回の値引きちょっとショック。とはいえもう生活に馴染んでる機器なので他の人にもこの便利さは知って欲しいところ。
 私の日常での使い方は基本的に下記の通り。
・目覚まし
・現在時刻を知る
・タイマーとして使う
・音楽を聴く
・ニュースを聞く
 上記5つがメインです。現在時刻は何が便利って寝てる時(笑)
 真っ暗な中で布団から出ることなく現在時刻を確認出来るのはありがたいです。
 タイマーとして使うのはまぁ料理の時や風呂の追い炊きの時なんかに便利。ラーメンタイマーとしても使ってますね...
 ニュースを聞く...はNHKのニュースを流してくれますので(ラジオのやつなんだろうか)それはそれで便利。
 音楽を聴く...はPrime Musicの中から対象の曲を探してかけてくれます。歌手とかだとランダム再生。
 この音楽再生がすごく便利で...アーティスト名+曲でかなり精度よく曲をピックアップしてくれます。
 あるいはアーティスト名だけで指定してランダム再生すれば部屋のBGMはEchoに任せてしまっていいぐらい。
 dotを買って失敗したなーと思うのはここで、スピーカーの品質は「とりあえず鳴ります」ぐらいのもの。Echoと比べると雲泥の差なんですよね...
 とはいえ今から買い替える気にもならないので、そこはBluetoothスピーカーをペアリングして解消。
 音楽再生の時はスピーカーをスイッチオン。それ以外は内蔵スピーカーでと使い分けています。
 正直なところ予算があればEchoをお勧めしたかったのですが、この1500円引きのお買い得価格ではdotでいいから試してみない?という感じに。
 ただスマホから曲を選択したり出来ないのでそこは不便かな...設定はスマホでやるのにねぇ...という部分も。そのうち改良されるかもですが。
 まずは普通に買えるようになったことを喜びたいですね(^^)
 newkindle(7インチ)の噂も出始めてますし今年のAmazonのハードからはちょっと目が離せなくなってきました。
 もし今後ホームハブとして使うことを検討しているなら奮発してPLUSを買う手もありますが...まずはdotで体感してみてはいかがでしょうか。

 Amazonのタイムセールといえばfireの特価が魅力。今回も発動しています。
 7インチが1000円引き。8インチが1500円引き。10インチが2000円引きという感じで500円刻みで差がついてます。
 こうなると値段優先で4680円のfireかゆったりがっつり10インチを13980円で楽しむか。
 10インチの方は容量32Gで13980円ですしお買い得感は高かなと。
 同容量の8インチを買うより割安感が高いかなーと個人的には。でもでかくて重いのは確かなので...
 買い替えを検討している人やプライムに入ったしひとつどうかなって人はこのチャンスに!

 FireTVが2000円引きの6980円とセール中です。
 紹介は以前書いたのでそちらを参考にしていただけれは。
 こいつが6980なら予算が許すならこれで決まりですかねFireTVは。
 とはいえ4Kいらなーいって人は3980でfireTVstickを買うのも正解のひとつ。
 値段差が3000円なのでどっちを取るかはどこまでfireTVを使い倒すかにかかってくるかなー。
 どちらも旧世代よりは早いので買い替えの人は悩ましいかも><

 LINE モバイルのエントリーパックセットがクーポン発動でなかなかのお買い得品に。
 私もサブ機として使っていますが正直でかい画面がいらない人ならほぼ満足出来る製品だと思います。
 ほどよい画質の液晶にこの価格帯では珍しい11ac対応。カメラは後発のnova lite2などよりは控えめですが撮って出しでランチの写真撮ったりSNS中心なら十分では。
 Android7.0ですが6月~7月辺りには8.0のアップデートが予定されているという噂(ただ現状で人柱版いれてるテスター達からの評判はあまりよくないので改善を期待したい)。
 片手で収まるスマホが欲しい人で安価で早いやつ...というとこいつになるのかなと。大画面ならnova lite系ということで。
 P10LiteはMVNOモデルなので単品売りが少なく新品で入手するいいチャンスかもしれません。
 LINEモバイルのエントリーパッケージは別段申込みを強制するものではないので、ただのおまけと考えてもOK。まぁMNPするならさらにお得ということで。

 普段はだいたい1万円(9999円前後)な商品ですが今だけ1999円引きがレジで入るようです。
 ある程度数が出たら自動で終了すると思いますが、ざっくり1万円の商品が8000円な訳で結構魅力的。
 先日ESETを買っていなかったらこれでもよかったかなーとか思ってしまいました(^^;
 いろいろ言われますが性能はある程度折り紙付き。
 ノートンよりは行儀はいいかな...と個人的には。まぁ大手の高性能系はみんな行儀悪いのでこの子も多少はやんちゃですが。
 アメリカではロシア疑惑で叩かれていますが、どうなんでしょう。嫌だって人は避ければいいでしょうが気にしない人ならわりとお買い得でそこそこの性能のいいものだと思います。

 Buffaloの外付けポータブルHDDが5710円の鬼特価です。
 ページを見るとマーケットプレイスが優先表示されていますが、画面右の列にあるAmazonの販売価格を見ると...プライム価格ですが5710円です。
 Amazonの仕組み上プライムよりマーケットプレイスを優先する場合があり(どれだけカートを取りに来てるかのショップの本気具合にもよりますが)今回はそれが出てる感じ。
 もちろん買うなら安くて安心プライムの方でしょう。
 もし商品に何かあった時でもAmazon販売でプライム系だとかなり強気に出れますし。しっかし安いなぁ...

kindleで特売セールをいくつかピックアップ!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 現在開催中のラノベ系コミックスとノベルスの特売セールから趣味のピックアップ!
 まずはアニメ第二期も絶好調なオーバーロードの原作小説が10巻まで各500円と大幅安。54%引きはうれしい。
 実際外で読む際に紙の本は重いのでこちらも買い足そうか悩んでたりします。アインズ様に絶対の忠誠を!な気分ですね。
 次に劇場公開が決定した幼女戦記のコミックスが最新刊の8巻を除く全巻が300円に。原作小説は3巻までが300円。原作の値引率がやばいっすね。
 名前で引く人が多いんですが仮想戦記として見てもかなりのエンターテイメントです。アニメのキャラデザが受け付けられなかった人もこのコミックスなら大丈夫。
 というか原作はやや読みづらい面もあるのでコミックスだけまずは全巻読むのがよいかと!
 美少女は美少女にしぶいおっさんはしぶんおっさんに胃痛で悩む人は胃痛で悩むか顔をしています(笑)
 気に入ったら原作を読むと「ああなるほどー」となること請け合い。コミックスが一番間口広いです。
 アニメはOPで損してる気がするデスマーチ...は原作が8巻まで各500円。コミックスは全巻300円とお得。
 個人的にはコミックスもいいですが原作の方がガンガン読めていいかも。アニメはなんでしょうね。なんか制作期間短かったのかなぁ...みたいな。
 蜘蛛ですが何か?は原作も非常に面白いのですが、コミックスが全巻300円ならこっちをまず読むべきかと。
 コミックスはコミックスで独自の感覚で読めるため一番とっつきやすいです。
 なろうの掲載分と書籍で微妙に展開が違ってたりしますが、コミックスもある意味独自路線です。かわいいですよ蜘蛛が(^^;
 盾の勇者の成り上がりは以前も紹介しましたがなんというか最後の爽快感のためにも嫌なやつらをきっちりと嫌なやつと認識して読み進めたい作品。 
 コミックスだとほんとーーーーーに嫌なやつらは嫌なやつらしていてもうね。いい感じです。小説ではちょっと...な人もコミックスなら読みやすい。
 最新刊以外は各300円ですので是非。なろう掲載の槍の勇者の...も楽しいですがやはりコミックスの盾の勇者は読みやすくてすごくいいのです。
 無職転生はなろう小説でもダントツの人気を誇る作品ですがコミックスも相当によく出来ていて原作の魅力を損なっていません。
 むしろ増している面もあります。なろう系というと無敵でチートで...が多いですが、ルーデウスはどちらかといえば「前世の失敗を恐れるあまりに努力である程度までいけた男」なのでそこまですごくもない。
 実際はすごいんでしょうけれどまわりがすごすぎて追いついてない。それでも手に入れた新しい家族のため...自ら娶った嫁や子供達のために奔走して奔走して奔走しまくっていきます。
 コミックスではまだ子供時代ですが一人の転生者の一大人生記と言える原作を丁寧に丹念にコミックス化しています。
 どこまでコミックスでやってくれるかわかりませんが読んでて楽しいのでお勧めです。
 最後に「このすば」です。アニメはなんていうかどくとくの声優さんの演技によって大爆笑な作品になっていましたが原作もやっぱり大爆笑です。
 安いのと高いのが混在してますがセール中にも変動しているようですので面倒だから一気に買うのをお勧めします。
 なんというかめぐみん正ヒロインですよね大勝利ですよね?な感じで最新刊まで読めますが...まだ先はわかんないぞーこれーみたいな(笑)

 以上、現段階で私がふらふらと買いそうなものをピックアップしてみました。

 以前の記事では新規と更新版が同じパッケージだったのですが昨年辺りから一気に市販価格が倍になって新規用と継続用にパッケージがわかれてしまったESET。
 特価になるのは新規用ばかり。今回は継続ぎりぎりまで今のESETを使ってアンインストールしてから新規パッケージをいれることにしました。
 5台3年が5000円切るのは久しぶりですので(最安値は3980とかを確認してますがめったにない)今回はこれを購入します。
 メーカーとしては販促とか乗り換えとかあるんでしょうが既存ユーザーを馬鹿にしている価格設定に見えてしまうので施策を工夫した方がいい気がします。
 継続が安くないと離れるばかりですから...