HD8Plusも2000円引きにはなってるのですが、この2つほどのお買得感ではなかったので今回はピックアップしませんでした。
 いつもの特価といえばいつもの価格ですが、こういうタイミングで買わないとなかなか安価には。どちらも底値に近いので欲しい人は1クリックで買うべき。
 むしろわかってる人は「同時購入」するんじゃないでしょうか。外ではfire、自宅ではHD10みたいな。
 いかんせんHD10はこの価格ではあり得ない大きさですが重さもわりとあり得ない傾向なので...重いよね...うん...
 もともと手に取って使うというよりテーブルの上で専用カバーで立たせて(最近ではクレイドルも可)使う想定らしいので。
 片手で使うのはfireってことらしいです。
 fireも16Gに、HD10は32Gに最低容量があがってるのでSDなしの運用でも結構余裕があります。
 欲しかった人は逃さずゲットです。
 私?私は...fireもHD8もHD10も持ってる駄目な悪魔ですので...なんで全種類手に入れちゃったかなぁ...使い分けてはいますけれど(汗

 スマートスピーカーは便利。液晶とか特にいらないな...って人も時計がわりにするなら見れた方が...というニッチな要望に答えた商品がここに来て特価です。
 正直1000円差をどう見るかですが目覚ましも含めて「これ1台で済ませる」ならこっちでしょう。
 まぁ音声指示で「Alexa!今何時?」で済ませてる私もどうなんだろ...というのはありますが。
 スマートな使い方はたぶんこっちかな。

 先日安かったのでついうっかり気絶してAlexa対応のプラグコンセントなど買ってしまったのですがサーキュレーターとセット運用したらあまりに便利で。
 スマートスピーカーは数あれどやっぱり便利で安いのはEchodotなのかなぁ。
 そんな憎いあいつがタイムセールで2980円に。持ってない、あるいは古いモデルの人はいまが買換のチャンスかも。
 新型の話はひたひた来てますがdotは毎回そこまで劇的に変化はなかったりするので、一世代飛ばして更新していくのが今のところオススメかな?
 欲しかった人には朗報だと思います。

Amazonタイムセール開始!Xiaomi Mi Note 10が44800円に

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 リンクはブラックですが3色共にSIMなしでこの価格。なかなかお値打ちだと思います。
 特徴はなんと言っても「エントリー機、普及機のミドルレンジの価格でこのカメラ」なのかな。
 あとはこの価格帯では破格の6.47インチ大画面。指紋認証が画面内だったりとフラグシップ級の性能をもたされています。
・1億800万画素超高解像度カメラ
・6.47インチ3D曲面有機ELディスプレイ
・応答性に優れた画面内指紋センサー
・5260mAh(typ)大容量バッテリー
・30W急速充電
 あたりがメーカーからの「推し」なポイント。
 SOCがSnapdragon 730Gなのでちょっと前のフラグシップ級ってところですか。ゲームにもそう不足はないかなと。
 メモリ6Gのストレージ128GなのでSDが入れられなくてもまぁたいていの人なら大丈夫かなと。
 ただ私が触った限りではやはり価格なりの部分も多々。
 カメラもいうほどは...でも価格以上ではある...みたいな面白い立ち位置です。
 OSはAndroidベースですがちょっと操作性が特殊。慣れるかどうかはどこかで触ってみた方がいいかな。
 わかってる人が欲しかったなあれ...と思ってたのならこの価格は結構ぐっとくるのではないでしょうか。
 オサイフケータイには対応してないのとフィルム絡みは破損をまねいたりするので素で使うのを個人的にはオススメ。
 これからスマホを買う1台目...とかではなくガジェット好きが「おっ」と買う端末。今はそんな評価をしています。

 Amazonのタイムセールが開始しています。例年ならPrimedayが来るところですが今年はタイムセールがこのタイミングで。
 まずは周辺機器からお得感のあるものをピックアップ。
 SDカード2種と5ポートのHUB。
 HUBは正直劇的に安いという訳ではないですが、先日お世話になってる人のところのネットワーク関係の機材を一式一新した時に導入したのがこれでした。
 数ヶ月たって今のところ不具合なし。デザインも落ち着いたもので安っぽいプラスチックよりメタルがいいとのことでチョイスしました。
 机などにマグネットで固定すると結構すっきり配線出来ます。まぁ机の裏側にぺったんしてケーブルが空中を飛んでる感じですが。
 SDはどちらもサンディスクで256Gと200G。速度とかいろいろ違うものですがデジカメとか速度が欲しければ速い方って感じでしょうか。
 価格差があまりないので普通なら256Gを購入してスマホやゲーム機に使うのがよいかと。4000円程度で256Gが買えるのはいい時代になりました。
 最後はエレコムのワスヤレストラックボールです。
 トラックボールは根強いファンがいる製品ですが、Logicoolとエレコムぐらいでしょうか。「安価でそこそこ」のラインナップがあるの。
 あとは総じてなんか高めでよいものが多かったりします。
 エレコムのこのモデルが3000円切りはなかなかよいかと。リビングのPCとかマウスよりこっちのが操作しやすいと思います。

 アニメが決定している「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」のコミックスが最新刊を除いて半額セール。
 タイトル詐欺もいいところで「かつて無職で駄目だった男が異世界への転生で心機一転頑張る話」が本質。なろう小説の中でも完結までしっかりと書き切った作品で名作だと思います。後半怒濤の展開で未来を変えられるか...!という辺り読むのが止まらなくなるぐらい。

 アニメの出来もよかった「盾の勇者の成り上がり」も14巻まで半額のセールに。
 小説もいいんですがコミックスの方がより「こいつらぶちころしてぇ...」ってなるぐらい感情移入出来るかと。
 ご都合主義...などと言われますがそもそもの小説からこういう展開ですし見所は「かわいいヒロイン」と「最後の大逆転のカタルシス」だと思うのでむしろこのぐらいでいいんじゃないかなーと思ってたり。
 アニメではまった人は違いを楽しめるかと!

セール会場へはこの文章をクリックしてくださいませ。

 というわけで何がなんだかわからないですが芳文社が70周年ということで様々な本が77円セールに。
 さすがに全巻とはいかないまでも最終刊以外は77円なんてのも結構ザラにあります。
 下記は今回ざざーーーーっと買ってしまったものを並べてみました。
 個人的な目玉は棺担ぎのクロが6巻まで77円という熱さ(最終刊のみ定価)。外伝含めて77円だらけなのでこのチャンスに全部買って欲しい。

 不思議な読了感と独特の世界。ダークだけど温かみのある作風。知らないのはもったいない名作です。
 このチャンスに全巻どっかりと行きましょう。外伝も行きましょう。紙の本持ってるけど買っちゃいました!

 大人気作といえばゆるキャン△ですが今回は3巻までが77円の特価セール。このチャンスは逃さず買うべき。

 たぶんアニメ2期の頃にセールがまたありますが77円はさすがにもうないかと。続巻をそのタイミングのセールで買う、という手もあります。
 でも面白いからたぶんそのまま続きを買っちゃうんじゃないでしょうか。最新刊まで1クリックで行ってしまっていい作品だと思います。

 ひだまりスケッチは最終刊のみ特価ではないですが9巻まで77円。今読んでも面白い作品です。
 かわいくてセンチメンタル。まさに極上。

 紙の本を持っていたのに全巻買っちゃったPart2。
 城下町のダンデライオンはアニメもよかったですが省略がない原作の方が個人的には好み。絵柄も含めて今も古さはまったくないですね...
 是非全巻いっときましょう。全て77円です。

 紙の本を持っていたのに(ny
 うらら迷路帖も全巻77円というお買得さ。アニメの出来も悪くはなかったと思うのですが不思議とヒットしませんでした。
 原作を全巻買って読めばその良さもわかると思います。いろいろと考えさせられることも多々。いいですよー。

 モデルチェンジの噂はあれど別に現行品で問題あるわけでなし...の代表格でもあるFire TV Stick。
 個人的には操作してて速度が速いとかいろいろあって4Kをオススメするのですがこの値段なら「持ってないならまずこれを買ってみましょう」な感じに。
 ともかく2980でPrimevideoがTV画面とか余ったモニターとかで見れるようになるのは大きい。
 最近のTVアニメなどはやや遅れてですが見放題に来ることが多く正直リアルタイム視聴する必要もTV番組という存在そのものの意味もだいぶ薄れている気がします。
 特にPrime会員になってしまえばアニメも音楽もおまけのように(それにしては多いけど)楽しめるAmazonコンテンツを楽しむならやはりこれは必需かなと。
 持ってない人、あるいは結構古いFire TV Stickを使ってる人は安いタイミングで買換してしまうのもよいかもしれません。
 新型の噂はありますが価格を考えればこれはかなりアリだと思います。

 いやー安いなぁ...これは...
 11acでいいんだよWiFi6とかまだ知らぬ!みたいなところがある無線LAN界隈ですが(WiFi6aとか言われてもねぇ)低価格ルーターも性能は結構いい感じに。
 タイムセールで2品。いいのが出てました。
 バッファローのこのモデルは低価格品ですがそれでも普段は4500円とかです。2980はかなりお買得感ありますね。
 簡易パッケージですが製品は市販品とまったく同じ。いつものAmazon専売品って感じです。
 小さめで11ac対応でLAN側はギガイーサと押さえるところは押さえています。もし古いルーターからちょっとだけステップアップしたいとか考えてたらどごーんと刺さるんじゃないでしょうか。今友人に連絡したら早速買ってましたし。
 ASUSの方もなかなか。個人的には今回こっちを押したいかな。
 カタログスペックではギガイーサが1個増えたぐらいなんですが...まぁ見てわかる通りアンテナびっしりでしっかりと電波をキャッチしてくれます。
 また初心者向けのバッファローと違ってセキュリティ設定含めても「やれる奴はとことん追い込んで設定出来る」のがASUSルーターのいいところです。
 WiFi6までいかないけど自宅内でたくさんワイヤレス機器を繋ぐんですよねーという人もこっちの方が安定すると思います。
 というかこれが3980円は安いなぁ。
 ただ相変わらず初心者には優しくない面もあるので善し悪し。きっちり手元で運用したい人はASUSを。何も考えずおーとまちっくでいきたいわーな人はバッファローでよいかと。一歩進んでセキュリティ設定を詳しくやりたくなったらまた考えてもいいんじゃないですかね?と思ったりします。(すごくいいルーターが欲しくなるので)

 トラックボールを愛用する人は根強くいますし私も1つ使ってますが...いにしえの名機が手放せず難民になったりするもの。
 MS派閥は地獄の旅を続けてたりするんですがそれは別の物語として...安価なトラックボールというのも結構いいものです。
 Logicoolもいいんですが、エレコムも低価格なトラックボールを出しつづけてくれていて好感度が高い。
 今回はタイムセールにその中でもスタンダードなモデルが出てきました。2524円はさすがに安い。欲しい人は1クリックで買うべきかと。
 ただ相変わらずマーケットプレイスの罠がありますので買う時は画面右、こちらからも...なところから買いましょう。
 Amazonも商売ですので詐欺師だろうと汚い商売の人達だろうと金を積めば取引します。
 マーケットプレイスから買う時は十分に調べて相手が信用出来るかどうか確信してから。
 だいたいAmazonから直の方が安くて安心ですので買う時は気をつけてください。

クリップボード.jpg