とある企業のメールサーバーをわずか数日で陥落させた恐るべき通販企業

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
    先日のこと。とある会社のメールサーバーがダウン。正確にはメールサーバーは生きているもののメールが読めなくなったユーザーが多数いるとの報告があり。
 友人がその対処のために深夜の会社へ。(リモート接続不許可の会社なんですね)
 で、調べてみたところ...



 とある会社のメールマガジンのメールファイルが破損状態でサーバーに。半端なファイルのせいで読み取り不能となり、他のメールも含めてグループウェアのメール機能がうまく動かない。とりあえずメールを削除したら正常稼働したものの、たった一通のファイルでこんなことが...とため息。
 上司に報告すると「そのメールマガジンを受け取っている人は多いんじゃないか?本社の総務の子が広めてたぞ」とのこと。...放置しないでくれ...とため息をついた友人は(コンプアライアンスどーなってんだろうなぁ)メールサーバーと格闘開始。
 するとまぁいるわいるわ。メールサーバーの在庫(彼は未読やサーバーに残ったメールのことをこう呼ぶ)はたっぷり。そのほとんどがメールマガジンだらけ。
 ...再度上司に確認して社内広報告知を行いました。

「仕事に関係のないメールのやりとりを控えてください。今回このようなことがありました...」

 一週間後に今度はメールサーバーが完全にダウン(グループウェアの一部なので当然そっちもダウン)。届いたメールの総量がまさに想定外の事態になったようで、再び彼は深夜の会社へと出社します。まぁ深夜手当がおいしいとかいいつつ笑って行きましたが...

 と、突然私の携帯が鳴り響き。


みやび「もしもーし」

友人「もすもすひねもすー」

みやび「2期やんないかねー。生徒会長好きなんだよねー」

友人「いやあなたは姉二人でしょう。豊口さんと田村さんだし。まぁそれはいいとして。ちょいと相談があるんですが」

みやび「ほいほい」

友人「...○天って一日どんだけメール送りつけてくるんです?」

みやび「は?」



 聞けば。メルマガを禁止する告知を出した後...総務の子たちから再びなんかの話題と共に楽○の特売かなんかが社内に広まり。女性社員がこぞってアクセス。...まぁそこまではよくはないけど被害はなかったんですが(就業中に楽○見てるのはどうなんだろうか)。
 買い物をしなくてもログインのために皆メールアドレスを入力するんですが、これがまたみなさん会社のメールアドレスを使用。で、○天をよく知ってる人はご存じかもしれませんが、ちょっとでも登録するとメルマガが配信され始めます。そして、興味ありそうなところを見て回っていると...増殖します。
 最終的には一日で一人当たりに何通のメールが来ていたのか聞きませんでしたが...女性ばかりの会社です。聞く気にもなりません。彼の会社は添付ファイルも小さくするよう指示が出ていましたしグループウェアのバージョンが古くメールサーバー機能はすぐいっぱいになってしまいます。
 そこに○天のメールが一斉に...止まることなく送り続けられたら...

みやび「でもメルメガ禁止したんじゃないの?」

友人「...どうも<広告>だと思って問題ないと思ったらしい。私の書き方がよくなかったようで。仕事に関係ないメールはいっさい受信するなという話にしておくべきだったかなーと」

みやび「はぁ」

友人「ところでみやびちん。うちのグループウェアの導入の時いたよな?」

みやび「そりゃ当時は社員で担当だ。私が導入と運用担当だったようなもんだし」

友人「マニュアルが見当たらなくてさ。悪いけど楽○をスパム登録したい。というかサーバーで受信拒否にしたい」

みやぴ「あー・・・でもその環境だといったん受信になるぞそれ。メール共有機能使ってるだろ。客のメールの応対漏れがないように...すんげえ低機能だけど。あれONにしてるとだめなはず」

友人「まじっすか」

みやび「だいたいそのグループウェアほぼオーダーメイドだからなー。それでもノーツより当時は安かったんだが...ベンチャーのはやめましょうってあれほど言ったのに社長め...」

友人「あー・・・どうしよう~」

みやび「仕方ない。今からいくからセキュリティ申請上司にしといて。XXXさんだろ今。私の名前出して、文句言われたら夜中でも直接社長に電話して緊急対応するからって強引に許可とるから。...しかし退職して何年も経つというのにまだ駆り出されるんかい」

友人「こ、ここはひとつ天下一品3回で...好きなもん頼んでいいから」

みやび「...ま、まぁそれはどうでもいいわ...んじゃ今から行くからタクシー代よろしく。金もってないんで」

友人「まじっすかぁぁぁぁぁぁぁ」






 とまぁそんな会話がありまして(ほぼ実話)。深夜にタクシーに飛び乗って緊急出動。いやー、遠距離だったので運ちゃん超喜ぶ(笑)

 とりあえず現地に行ったところでいったんサーバーを止めてスクリプトとかいろいろ見て...まぁ設定だけではなんなんですがともかくメールの遮断には成功。メールサーバーは受け取りはするけどすぐに削除する(ドメインを見て強制削除)ように設定しました。マニュアルがないというか...内部の独自スクリプトの仕様なんて憶えて無くて。かなり手探りで昔書いたものを自分で解析。どうにかしましたけれど。
(実際の対応はもっと大変でしたが省略しています。まさか自分のソースを解析するはめになるとは...とほほ)

みやび「いったんこれで月曜日まで運用して社長と部長に報告してくれ。部外者の私ではメールの中身まで見れないしドメインごと禁則するしかなかったわ」

友人「むう。やっぱりそろそろリニューアルですかねー」

みやび「だいたいさー。人数何百人だろ?安いのあるって。別に。サイボウズとかノーツじゃなくてもいいんだからさ」

友人「でもこのメール共有が便利なんですよね~」

みやび「うーむ。大塚商会経由でなんかいれるか。営業さんが12月のノルマが...ノルマがぁぁぁぁとかこないだ泣いてた。新小岩で」

友人「なんで新小岩」

みやび「私がたかってた」

友人「鬼かあんたは...もっと安いところでなんかないですかねー」

みやび「まぁあるはあるから戻ったらメールして教えるよ。メールに特化したやつなら安いのあるよ。ただなぁ。プロジェクト管理とかもそろそろ導入した方がいいぞ。サイボウズOFFICEでもいれる?デヂエごと」

友人「よくわかんないんですよ。私その辺り詳しくないから」

みやび「あー...まぁじゃあ適当に見繕っておくわ。社長と相談して予算決めてなんか対処して。診断書代わりにそろそろハードもソフトも限界ですって見識出しとくから」

友人「どもです。いやー助かりましたわ」

みやび「ん。しかし帰る足がない。帰りのタクシー代も出せ」

友人「か、会社の車で送るから勘弁(汗)」



 とまぁ顛末としてはそんな感じ。グループウェアといってますが、実際には10年以上前に開発されたベンチャーが持ち込んできた統合ソフトみたいな中途半端な代物で。ろくにサポートがないまま作った会社が倒産したという曰く付き。いい加減なもんがこれだけ長く運用されていたのですからそれはそれですごいことですが...

 なんにしても。そんなに小さくない会社のメールサーバーをわずか数日で陥落させた恐るべき企業○天。
 最終的には何十Gのメールファイルがたまっていたというオチまでつけて。

 会社のメールで業務以外のことすんなという教訓を残しつつ。なんとか無事に対処出来てよかったなぁ...と。


おまけ

 結局グループウェアと共にフィルタリングソフトを導入することになったそうなんですが、ディフォルトでA○azonと楽天とY○hooのメールはブラック扱いになってたというオチが。フィルタリングソフト制作会社もよくわかってらっしゃる...(笑)