たのむからやめてくれ...何度も印刷ボタンを押す人たち

  

 まぁ、いまどきはオフィスのプリンターといえば、ネットワークプリンターなわけですが。
 ドットインパクトプリンター等、古いプリンターを使う場合はwindowsのプリンターの共有機能なんかを使ったりすることもありまして。
 まぁ、そうでなくても古いプリンターをオフィスで動す場合、結構重宝する機能だったりします。windowsのプリンターの共有って。
 つながってるPCの電源が入ってないといけないんですけどね(^^)

 まぁ、そんな便利な機能ですが、「印刷するPCと」「印刷を指示するPC」とが別れてしまうため、トラブル時には微妙に困ることになります。

 

 

 で、ある日のこと。

(今回の記事は事実を元にして再構成しましたので、実際の動作とは違うデータの流れの部分があります。わかりやすくするためですのでツッコミ無用の方向で(^^;))

 

「印刷がとまんないんだよー」
 そんな電話がかかってきまして。関連会社の事務所で、転職前一時世話になったりしてましたから、結構気軽に電話してくるんですね。まぁ、直前にナニをしたんだよ!と聞いてみると...印刷がなかなかされないので、印刷が始まるまで印刷ボタンを押しまくってた...との返事。


「アホかーっ!」


 まぁ電話で怒鳴りつつも、ともかくなんとかしてあげないと。
「プリンターの電源切っても、電源いれなおすと印刷とまらないし...windowsでプリンターの中を表示しても何もないし」

 中ってなんだ...スプールの中か。データが全部流れない限りはプリンターの電源入れなおしても印刷はまた始まるだろうなぁ...そんな使い方してると壊れるからやめて、たのむから...そのプリンター古いのよ。

 ...はて。印刷スプールは全部吐き出し済みなら、止まるような気が。
「印刷してるプリンターがつながってるパソコンは、どれ?」
 確認してみれば、やはり別PC。そっちの方に印刷のデータがたまってる可能性が。
 リモートデスクトップで確認してみると...ああ、やっぱり。とりあえず印刷ジョブ中止して...あれ?
「中止しても...また出てくる?」
 挙動を見てみると、どうやら1ページずつ印刷データが送られているようで、そのデータをプリンターに送るとまた次のページのデータがどこからか来ている、と。
 電話してきた本人以外にも、犯人がいそう。複数犯による犯行か(別に犯罪ではない)。
「...ともかく、印刷指示出したやつが他にいないか確認してくれ」
 と言った瞬間、今度は私の携帯の方にその事務所の部長から直接電話...いやーーーーな汗が背中をつたっていきます。ぞくって感じがしまして...なんとなーく嫌な気分でいったん電話を切って、携帯の方に出ます。タイミング的に間違いない気がしたんで。

「もしもし」
「あーっ、みやびちゃん...よかったー、つかまって。いやさ、今さ...」

 興奮しているうえに、主語がまるでない会話なので、どうにも話がつながらないのですが、どうも業務ソフトからの印刷がうまくいかないので、何度も印刷してしまったと。

「...あんただったのか」

 となれば、そのPCにリモートで入って確認するのみ。...あれ、この画面...

「...これ、IBMのエミュ...まさか...」(実際にはPコム)

 スプーラーの状態を見ると、次々と印刷指示が増えている状態。もうどうにもならない。...これはあれか。AS400(今ではiシリーズ。IBMが誇るミッドレンジコンピューターの代表格。詳しくはwikiをどうぞ)の印刷ジョブとかいうオチか!?

「まずプリンターの電源落とせ。で、サポート会社の電話番号教えろ!」
 怒鳴るようにして指示をし、急いでサーバーをホスティングしてくれている会社に電話。担当SEの方が運よくいましてちょっと状態を見てもらうことに。

「あー...印刷ジョブがすごいことになってますねー。100枚単位の帳票を何個も印刷してるような感じですかね。...このままいくと、何千枚ってとこで。複数の指示入ってるような...」
「...すいません、印刷関係は全ジョブ消してください...あとこれ、保守の作業の中でやってもらっていいです?」

 恥ずかしそうに言うと、笑ってOKの返事。こんなことでお金がかかっては、その事務所の社長になんと報告していいやら。私にAS400の知識があれば、エミュレーター上から止めたんですが、残念ながらすっかり忘れてしまっていて(^^;

 ともかく、サーバー側の印刷ジョブをクリアしてもらい、次にエミュレーターが走っていたPCのスプーラーをクリアして。
 最後にプリンターが繋がっていたPCのデータを綺麗にし。

 それからプリンターの電源を入れて、プリンターの中に残ってるデータがあれば消すよう指示して。

 とんだどたばた劇となってしまいました。(簡略化して書いたので、実際のデータの流れとは一部違ってるいかも。特にAS400の部分。実際は...もっと大変だったのですがわかりやすくするために、簡略化して書きました。詳しい人はたぶんわかると思いますけれど)
 最終的に確認出来たのは、
「たまたまプリンターの初動が遅かった(ウォームアップか何かしてたのか...今回は古いレーザープリンターがターゲットのプリンターでした)ので、その事務所の人間達は...

「あれー、印刷されないやー。印刷指示がいってないのかなー」

 で、もう一回印刷。これを何人も何回も繰り返す。しかもその間にシステムからデータを出したい人達が同じようなことをする。しかも、システムからの帳票ですから、下手すると何十枚というデータが出る。これを何度も...さらに何人もの人が実行する。

 で、ネットワーク経由でデータが行きますから...

 いやはや、なんでこんなことになるのやら。

 そこそこのオフィスであれば複合機を使っているケースが多いので、複合機の印刷を止め、ジョブをすべて削除すればここまでひどいことには(AS400の部分はともかく)ならないんですが...

 印刷されなかったら、まずプリンターのステータスやらなんやらを確認し、データが行ってるかどうか見ろ...というのは、ちょっと難しいのかな。

 とはいえ、印刷されないからって何度も印刷ボタンを押したら...押した分だけ印刷指示は行くわけで。その程度のことはさすがにわかっていて欲しかった...

 記事では一日のこととして書いてますが、実際のネタ元になった事案は2日間かけていろいろ原因を調査したりしていました。ほんと、勘弁してください...

 で、これを片付けてから今の職場の同僚に笑い話で話したところ...
「ああ、よくあるある。AS400の印刷もさ、いったん本社経由で指示行くから遅いんだよ。で、せっかちな人が何度も印刷指示出してさ...後からとまんねーよ!とか電話くるよ」
 ...いずこも似たような話はあるようで。うーん...なんとも。
 サーバー経由で印刷指示を出すシステムとかが絡むと、結構いろいろあるものです。
 それがなくても、windowsだけの状態でも...何度も何度も印刷指示出しちゃって、スプーラーの中は印刷データがいっぱいということも結構ありがちな話。

 あなたのオフィスにもそんな人いませんか? いたら「いいから何度も印刷するな!」と教えてあげましょう。紙の無駄遣いと、担当させられた人の精神のすり減り方も結構著しいので(^^;