FireTVStickの新型は北米では昨年とっとと発売されていたんですが、日本ではこの4月にようやく投入されました。
プライム会員向け特売は初月からこなかったものの、もともとの定価が4980と以前よりもぐぐっと買いやすくなったのが嬉しいところ。
今回は以前のモデルのユーザーから見て新型の魅力と強化点などを見ながら、買い替える価値があるかという記事になります。

最後までながながと読んでられないという人はこの後のまとめを見て記事を閉じていただければよいかと。

まとめ

・強化されたCPUの恩恵はでかい!もっさり動作からキビキビ動作に!
・音声入力標準化は今後を考えても大正解!
・11ac対応を待ってた人には最強の強化ポイント!866Mで接続だ!

といったところ。
買い替えの価値としては、動画や音楽を楽しむという一点ではそう差はない訳で、見れればいいという人は既存の商品でも十分に魅力的。けれど強化具合が半端ないので普段よく使ってる人ほど買い替えの恩恵が大きいかな...と。
Amazonの悪魔的には「今までのものは初期化して知人友人に譲る、あるいは余ってるモニタなどにつないで有効活用!買い替えてさらに快適になった環境で動画三昧!」といったところでしょうか。

不調なPS3のHDDを交換した話

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


 先日のネットワーク不調から自宅内の各種ハードの問題がいろいろと浮上して。
 NASは設定のミスが発覚、接続するだけで自宅内ネットワークがほぼ死ぬ(転送スピードは100kを割る)という症状を出すわ(QNAPのNAS同士で設定に不備があったようでサービス停止したらすぐに復帰。現在設定を煮詰め直してます)、PCの1台(LINUXテスト中)はやはりネットワークカードが死にかけているのがわかる(たまたま押し入れを整理していたらアイオーの蟹の1000Mが出てきたので搭載して凌いでいる)などある意味でいい機会だったのかもなぁと。
 そんな中、ゲーム機にも不調が...PS3がどうも挙動があやしい。
 起動する度にHDDのインデックスを修復したり整理したり。ゲーム中もアクセス待ちしてるのか止まってみたり画面がおかしくなってみたり。
 2017/03月はPS3の最終出荷の日。もう新しいPS3は出荷されなくなってしまう訳でいい機会だから買い替えようかなぁとも思いましたが...
 どうも今の廉価版は作りが気に入らない。歴代PS3を分解整備して行くと、2500(2010年モデル)辺りが頂点で、以後コストダウンのための改修によりいろいろとまぁ...うん。
 今持ってるのが3000(2011年モデル)なので、経年劣化はあるもののハンダ浮きはある程度解消されているモデルのはず...(ない訳ではないようですが)もうちょっと付き合っていきたい。
 特に全面モデルチェンジした4000以降はフロントローディングでなくなったため自宅内での設置にちょっと問題が出る。
 などうだうだ考えていたんですが、症状から「もしかしてHDDがだめなのでは」と判断。まずHDDを交換してみようと。
 それでダメなら設置場所の整理をして最終出荷4300(2014年の最終モデル)を購入すればいいかぁと。

ネットワーク復帰の顛末...インシデントは連鎖する

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 この一週間自宅の光回線が完全にだめだめとなってしまい、ブログ更新どころかゲームから出来ない有様になっていました。
 今回は復旧までの顛末を時系列で備忘録で残した記事となります。

 本日復旧したのですが...その後さらなるトラブルが待っていたのです...

 数週間前から突然PlayStationNetwork(以下PSN)に接続出来なくなってしまった。
 PS4、PS3、VITAだけではなく、PCでブラウザを使ってStoreに行ってもだめ。
 現在Storeは使用出来ませんと出る。まーた傷害かなーと思って待ってはみたけど解決しない。
 そこで自分のプロフィールなど見ようとすると...
PSN.jpg
 こんな画面に。これは本格的におかしいなとと調べてみると、PS4で出ているエラーコードから、これが「WS-37397-9」問題であることが推察出来ました。
 こういうのはたぶん知識でどうにかなるものです(笑)
 今回はこれに対応したメモをベースに記事にしてみました。

 ※本分を長々と読んでられない人のために結論を先に書きます。
 ・エラーへの対処はグローバルIPの変更が必要
 ・au光系は基本的に貸し出しているグローバルIPが半固定で通常のやり方(ONUの電源を切ってしばらく放置)などではまず変更されない
 ・今回はノートPCとONUを接続して直接コマンドプロンプトからコマンドを打ち込んで対応している。
 ・やり方は記事の最後の方にまとめてあるよ!
 以上となります。
 それではだらだらと、サポートへの問い合わせ、問題の切り分け、情報の収集などを書いた本文をどうぞ(^^;

 アニメが絶賛放映中の幼女戦記ですが、漫画版がここに来て42%還元とほぼ半値に。こいつはおいしい。
 小説が原作な訳ですが、うんちく楽しむなら小説が最強。動きも含めた見やすさではアニメに部があり、いいとこどりできちんとかわいいのが漫画版、といった感じ。
 とっつきやすいのは漫画版なので、このチャンスに3冊買ってしまうのが吉です。
 愛くるしくどす黒い主人公に夢中になれるかと(笑)

 クール教信者さんの快作「小林さんちのメイドラゴン」が全巻20%還元でなかなかお得です。46%還元とさらに還元率アップしました(2/6時点)
 もともと紙の単行本よりkindleの方が100円ほど安かったのですが、ポイント還元でさらにお得に。
 今絶賛アニメ放映中ですが、なんというか安心のクオリティのアニメでほのぼのとみれます。ほのぼのしてないけど。
 クール教信者さんといえば乳とハッピーエンド。この物語もきっとハッピーエンドでしょう。安心して読めます。
 この人がこんな読みやすいものを書くなんて!?とも思いますが、ずーっと続いてるのでこの路線もいけるんだなーと。
 変なエロとかに走る本より人にも勧めやすいですし、読んでてオタク系の人ほどクスクスしてしまうと思うので、この機会にそろえると幸せになれかな、と(^^

 全3冊。それぞれ160円程度の割引きですが、1巻は166pt、2巻は240ptの還元があるため、かなりの割引きともいえます。
 1巻、2巻を買ってからポイント使って3巻を買うとよいかと(^^)
 ただ、原作派には文句言われそうですが、先に「映画」を見てから原作読んだ方が個人的にはいい気がします。
 あの時代。あの世界。なんてことのない日常と幸せが、戦争で壊されても...結局人は生きていくんだな、それが幸せなんだな...と実感させてくれる映画。
 ある意味で漫画より入り込みやすくなってるので、映画を見てじんわりしてから原作を読むと「ああ、こうなっていたのか」「こうだったのか」と映画で省略された部分がわかる感じに。
 映画版は本当によく出来ていて、カットされた部分もよく考えてカットしているなぁという印象。またね、声がいいんですよ。俳優女優が声優やるとたいていうーんなんだけど、この映画に関しては「うわぁ、ぴったりだ」としか。
 アニメというより、本当に「映画館で見るべき映画」だったと思うのです。
 で、原作はというと...実は映画より情報量が多く、頭の根幹にガンガンと打ち付けられる何かを感じて「うはー」となりました。
 安いうちに買っておいて、後で読むといいかなと思います。
 2016年は毎月1本以上の映画を見ていたんですが、正直もっとも「心臓に来た」のがこの映画でした。
 戦争否定映画ではなく。戦争とかそういうのでもなく。壊れていても日常は続くし、それが自然だし。受け入れて。どう生きるか。なんてことのない日常ってすごいんだなってそう思っちゃう。
 感動させようとか泣かせようとするシーンはなかった気がします。あったのはただ、たんたんと流れて行く時間。取り戻せない時間。戻れない日常と、今の日常。
 原作はまたそれが濃厚で。映画は時間経過すら演出ですが、漫画だと読み手の自由に時間を使える。だからこその情報量というか、考える余地があるというか。
 この機会に買っておくと後でじんわりとすることが出来る気がします。

 クーポン適用で18979円からさらに2000円OFFということで、かなりの特価になっています。在庫処分でしょうか。
 購入前に画面の「クーポン適用」のボタンを絶対に忘れないようにしてください。
 端子としてはいわゆる定番のHDMI、DVI、D-SUBを持っていてスピーカーも一応ついています。
 HDMIケーブルはついてないよーという情報がありましたので、そこは未確認。たぶんついてないかなーと。価格的に。
 VAパネルですが、この価格なら別段文句を言うものでもないでしょう。PS4などをつないで迫力あるゲームが楽しめます。
 内臓スピーカーは店頭で聞いた限りではおまけレベルです。画質はVAらしいものですが、やはり価格を考えれば上等かと思います。
 私は店頭で現物を確認しただけですが、この価格で買えるというのがまず驚異です。性能は廉価版大画面フルHDモニタらしいというか、ある意味で値段なりですが、それでも十分に満足感があると思います。
 実際、紹介する前に知人にこんなのあるよーとやったら2台衝動買いしてマルチモニターじゃぁぁぁぁとかやってましたから、お買い得感はかなりあるんじゃないかなーと。
 量販店に在庫していることがあるので、気になる人は店頭で確認してみてはいかがでしょうか。

[定点観測]外付けHDD定番価格表[20170118]

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 外付けHDDの定点観測です。
 相変わらずUSB3.0で3Tがほぼ1万という範囲に収まっています。買い時を維持していると言っていいでしょう。
 円安が進行していますが、内臓より価格反映が遅い外付けはこういう時ありがたいですね。
 2Tとの価格差は1000円とかそのぐらいですので、積極的に2Tを選ぶ必要はないと思います。
 データ保存は外付けHDDの方が楽っちゃ楽ですし、録画用BDレコーダーとかTVにつけて録画とかする人は外付けでないと運用が出来ません。
 ある程度の相場は頭に入れておくと、店頭で思わぬ特売にあった時に参考になるものです。
 欲しい時に予算の確保も1万程度と頭に入れておけばいいかと。
 各社中のドライブですが、ロットでしっちゃかめっちゃかです。特定したければ2chなど注意して見ていくしかないかなーと。
 ただ、データ入れておくだけならあまり気にしなくていいかなとも思います。重要なデータは2重にするなりクラウドも使うなりして保持しましょう。
 USBメモリもそうですが、消耗品ですゆえに。

[定点観測]内蔵HDD3TB 定番価格表[20170118]

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 定点観測で見ているHDDを新年から確認。
 売れ筋の3Tはどんな感じかというとこんな感じです。徐々に4Tに主力が移る中で、売れ筋はやはり安価になった3TB。
 最近の安価なHDDの定番であるシーゲートですが、8472円です。昨年夏から通販の価格は安定していますね。
 秋葉原界隈では7980円とか3980円とか限定で出たりしてますが、交通費考えるとこの価格でもそう高くはないかもです。
 性能的には、以前お話したロット問題は解決して安定してきています。ただ、まれに基板が違っていたりするのでやはりロットごとにばらつきはあるかもですね。
 販売されてる数が数ですので、だめな時は素直に交換してもらうなりRMAを利用するなりしたいところです。
 続いてウェスタンデジタル。WDはモデルが多いのですが、安価な定番は今このモデルでしょうか。
 相変わらずキングオブ無難というか、早くないけどまぁいいかというか、ブルーって書いてあるけどお前実はストロングマシーンじゃなくて田だろ?グリーンだろ?といった系譜です。
 早くないけど安価で大容量で低発熱と、データをぶち込んで保存するのに向いています。故障率は...昨年夏からの印象では、安定して壊れるというか、予想範囲内というか。こいつも数が出ているHDDですが、ロットによる差はAmazonの悪魔調べではいまんとこなし。
 ファームの差はあるかもですが、そこまではごめんなさい調べてないです。
 最近私が買ったやつもまだIntellipark搭載でした。嫌いな人はとことん嫌う機能ですが、嫌なら非公式ツールで無効化してしまいましょう。あんまり気にしなくていいと思いますが。データぶちこんで保存なら。
 前も書いた通り私はWD信者ですが、どのメーカーでも適度に故障は引いてますしRMAも利用しています。シーゲートもWDも概ね対応もいいですし満足しています。初期不良チェックは購入後必ずした方がいいでしょう。
 英語のRMAでなくてもサポートが受けられるようになるとはなぁ...と。あ、買うなら正規品の箱付きがいいですよ。いろいろ楽です。いろいろ。
 次いで東芝ですが、今回からAmazonオリジナルモデルではなく安い普通の方に。
 HGST系列の流れというか、わかる人にはわかる感じでの性能傾向と故障傾向です。
 ただ、QNAPのNASとかにいれるのはやっぱりよしといた方がいいです。あくまでPCで直接使う前提でならオススメします。実際TS-212P+とか228にいれて見たところかなりイマイチでした。
 で、リクエストがあったので最安値のHDDをご紹介。
 最後に出てきたマーシャルさん。
 3TBの最安値である7480円をマークしています。

 が

 Amazonの悪魔としては「非推奨」HDDです。
 修理再生品を新品として売ってるとレビューにもありますが、今では商品説明にちゃんと小さく「リファビッシユ品」と書かれています。そう、修理上がり品です(苦笑)
 知って買うならいいですが、保証はAmazonの30日保証ぐらいなので、あえて選択する必要はないと思います。
 リクエストされたんですが、値段に目が眩んでいる方からだったので、だめだよーという話をツイッターのDMでしたりしてました。そこからの流れで今回ご紹介しています。
 あえて選ぶ500円差があるとは思えないので、それなら上記の他者の製品をどうぞ、という感じです。
 新年の定点観測でした。